ネイルアーティストだとどのくらいの給料がある?

ネイルアーティストの給料は、実務経験の有無や経験年数・キャリア・持っている資格などによります

 

地域差はありますが、一般的なネイルサロンに就職する場合

 

ネイルアーティスト 給料

アルバイトで時給750〜900円、正社員は平均初任給14万円〜18万円前後が相場で、最初は2〜3ヵ月の研修期間があるところがほとんど

 

これに加え、資格やコンテスト入賞経験手当てや、チーフや店長になると役職手当てがつくこともあります。

 

技術職なので

 

ネイル道具

経験を積むまでは給料は決して高くはありませんし、練習のネイル道具購入費や技術向上のためのセミナー受講費などで、時間もお金も費やす必要があります。

 

しかし見習いのうちは、先輩が技術の指導をしたり、練習会があったりと、働きながらより高度なテクニックを学ぶことができる環境があります。また個人店のような小さなネイルサロンよりも大手のほうが、福利厚生制度がきちんと整っているので安心でしょう。

 

ですが中には時給が最低賃金を下回っていたり、お客様に使うネイル道具が自己負担というサロンも稀にありますが、お金と労力をかけて得た技術・資格にプロとしての誇りを持ち、それに見合った給料をきちんと払ってくれるサロンを選んで働くことも大事

 

顧客を持つことが大事な世界

 

実力が評価される仕事なので、お客様の指名の数によって、基本給・給料にインセンティブがもらえることもあります。ネイルサービスの値下げ競争が進みネイルサロンが乱立するなか、技術や接客力を磨き、たくさんのお客様を受けもつことができるネイルアーティストは、サロン側からも重宝されますし、独立・開業する際にもとても有利

 

ネイルサロンで独立・開業する場合

ネイルサロン 開業

人によってさまざまですが、本人の技術・才能次第でいくらでも稼ぐことができます。固定の給与がなくなるため、一般の会社員と比べると収入は不安定ですが、顧客を増やしサロンを開業し繁盛店にする、腕を磨きネイルインストラクターとしてセミナーを開くなどして、サロン勤務時代より大幅に収入が上がるネイルアーティストもいます。

 

自宅でネイルサロンを開業するのであれば、家賃も人件費も抑えられるので、一定の顧客がいれば、安定した収入につなげることができるでしょう。美容室やエステなどの一角を間借りしてネイルサロンを開く場合は、売上金の中から場所代として20〜30%支払うパターンもあります。

 

多くのお客様をリピーターにすることが何より大切

ネイルサロンで働くにせよ、独立・開業するにせよ、技術と接客力を磨き、より多くのお客様をリピーターにすることが何より大切です。そして自分の得意分野を分析し、それを売りにした働き方を見つけることが、より良いお給料を稼ぐ方法なのかもしれませんね。

 

 

 

 

>>ネイルアーティスト 資格の費用 TOP