ネイルアーティストの資格や免許

ネイルアーティストになるには、どういった資格や免許が必要なのでしょうか?

ネイリスト関連の資格

ネイリスト関連の資格は民間資格なので必須ではありませんが、プロとしてネイルサービスを提供するためには、爪に関しての基礎的な技術と知識をしっかり学ぶことが必要です。正しい知識があればトラブルを未然に防げますし、いざ起こっても対処することができます。それらを学んだ証として、資格は取っておいた方がよいでしょう。

 

またネイルサロンの増加に伴いお客様の目も肥えてきているので、資格所持がひとつの信用の目安になります。お客様が安心して爪を任せられるネイルアーティストを目指しましょう。

 

もっとも主流な「JNECネイリスト技能検定試験資格」

多くのネイルサロンが就職の際に採用条件として掲げています。これは日本ネイリスト検定試験センターが定めた一定の水準に達したプロのネイリストであることを証明してくれる証です

 

実技と筆記からの採点で、3級・2級・1級とあり、2級を取得するとサロンワークで通用する知識と技術を身に付けることができます。正しい知識と技術の向上を目的とした実践に役立つ検定試験で、義務教育を終えた方ならどなたでも3級から受験可能です。

 

1級合格者には

 

「日本ネイリスト協会(JNA)認定講師試験」の受験資格も与えられます。合格すると、JNAのメンバーとして協会の普及と発展に協力し、イベントの実行や検定試験の試験管として活動することができます。

 

ただネイリスト検定とサロンワークでは求められる技術も多少異なるため、資格取得だけに満足せず、サロンワークをこなして、即戦力として働けるネイルアーティストを目指すことも大事

 

人気メニューであるジェルネイルを扱うには

 

ジェルネイル

 

JNAジェルネイル技能検定試験資格を取得しておきましょう!
プロとしてサロンワークでジェルネイルを行うための知識と技術を習得する資格で、初級・中級・上級とあります。独立・開業する際には、ネイルサロンの衛生管理に関する知識を習得する「ネイルサロン衛生管理士」も取得しておくとサロン開業も安心です。これは、お客様に安全で安心なネイルサービスを行う基準になります。

 

こういった資格の他に、ネイル商材メーカーのセミナーを受講し修了証書を取得すると、そのメーカーの専属ネイリストとして活躍できる道も開かれます。

 

これからはネイルのスキルだけではい

トータルビューティーでプロデュースするサロンが増えることも考えられ、まつ毛エクステンション・カラーコーディネーター・エステティックなどの資格も持っておくと、活躍の場がもっと広がるでしょう。

 

 

 

>>ネイルアーティスト 資格の費用 TOP