あなたは接客が好きで、継続して腕を磨き続けられますか?

綺麗なネイル

ネイルをキレイにしていると、とてもイイ気分になりませんか?それはメイクやヘアと違い、ネイルは自分の視界に一番入る部分だからです。気分を明るくし、幸せな気持ちになれるお手伝いができるネイルアーティストという仕事はとても魅力的

 

自分の技術と接客で

 

お客様のコンプレックスを解消し喜んでもらい、その反応をダイレクトに受け取る時が、ネイルアーティストが一番やりがいを感じる瞬間ではないでしょうか。自分の好きなことを仕事にし、頑張った分だけ評価される、独立・開業しやすく自分に合った働き方ができるのも、魅力のひとつです

 

ネイルアーティストの仕事に向いている人は、どんな人?

まず接客・美容が好きで、手先が器用で細かい作業が得意なことは大切

 

ただし細かい作業は練習次第で上達することが可能です。ネイルアーティストは技術を身に付けていることは基本ですが、それプラス、サービス業なので接客力も必要です。笑顔・気配りを忘れないことが接客の基本です。

 

流行りのファッション・おいしい料理のお店などの話題が豊富で、さまざまな年代の方に対応できると、よりネイルサービスの時間を楽しんでもらえるでしょう。喜んでもらいたいという精神を忘れず、コミュニケーションをとり、居心地のよい空間を提供できると、お客様は満足してまた来店してくれます。

 

ネイルアーティストは向上心を持ち、どんなお客様の要望・ネイルスタイルにも対応できるように腕を磨き続けることが必要とされます。

 

お客様のファッション・生活スタイル・仕事からネイルデザイン・カラー・アートなどを提案し、メンテナンスまでフォローします。お客様の要望を汲み取り、自分のテイストをうまく組み合わせてサービスができると、お客様にとってかけがえのないネイルアーティストになるでしょう。

 

そのためには、日々進歩している新しい技術や商品のために、お金と時間を惜しまず勉強しなくてはなりません。サロンの営業後や休日でも練習をしたりと、鍛練を怠らないことも大事です。特にネイルアーティストとしてデビューしたばかりの見習いの時は、自主的な練習が欠かせません。これらを苦に感じず楽しんでできる人は、ネイルアーティストになった後もさらに伸び続けていくでしょう。

 

上記の素質にあてはまらなくても、あきらめることは決してありません

 

なぜなら、ネイルが大好きでやりたいという気持ちがあれば、技術は後からついてきますし、多少の困難は乗り越えられるからです。

 

ネイルが好きという初心を忘れず、まずは少しの勇気を持ち行動してみましょう!

 

 

>>ネイルアーティスト 資格の費用 TOP