ネイルアーティストに中卒・高卒でなれる?

ネイルアーティストは技術ありきなので、他の職業と比べ学歴は重要視されず、中卒・高卒の方でもネイルアーティストになることは可能です

 

ネイルサロンへの就職に有利なJNECネイリスト技能検定試験資格も

 

義務教育を修了した方ならどなたでも受験可能ですが、ネイルについての正しい知識と技術を学んでおくことは必要不可欠です。学歴は問わない職人の世界とはいえ、知識・技術不足はトラブルの元になるのでスクールで学んでおきましょう

 

中卒・高卒の方がネイルアーティストになる一般的な手順

ネイルアーティストの手順

まずネイルスクールや通信講座などで学び、ネイルサロンにアルバイトとして就職します。実務経験を通して下積みを積み、その後、一人前のネイリストとしてデビューします

 

しかし、ネイルサロンの採用条件は高卒以上が多く、入学資格が高校卒業必須な全日制のネイル専門学校もあるので

高校は卒業しておいたほうが確実かもしれません

中学卒業のみの方や高校中退した方でも、通信制高校に通うなどして高卒認定試験を受験しましょう。合格すると高校卒業と同等に扱われ、就職の際の選択肢が広がるので、ぜひ取っておきましょう。今では最短6カ月で高卒資格が取れます。

 

通信制高校は

 

ネイルを学びながら高校卒業資格を取得できる美容専門の高校がおすすめです。高卒資格とネイリスト関連の資格取得を同時に目指すことができ、高校卒業後すぐにネイルアーティストとして即戦力で活躍できます。

 

ネイルだけではなく、エステや美容師などの資格も在学中に取っておくと、仕事の幅も広がるので必ず役に立つでしょう。高校卒業後すぐにネイルサロンに就職し、働きながら知識や技術などをイチから身に付ける方法もありますが、本人の努力がかなり必要になります。

 

最低限のマナーも身につける

また接客業なので、最低限のマナーや敬語・一般常識などは身に付けておいて損はないでしょう。

 

お店の客層にもよりますが、ネイルサロンを利用するお客様は、自分よりも年齢が上の方がほとんどなので、通学中にアルバイトなどで学んでおきましょう。ネイルスクールに通うとなると、決して安い学費ではないので、アルバイトで社会経験を積みながら稼いで、貯めておくこともおすすめします。

 

高校を卒業

高校を卒業し、スクールで学んだ方がスムーズにネイルアーティストになれますが、実際のところ、現在活躍している有名なネイルアーティストの学歴はさまざまです。実力重視で頑張れば頑張った分だけ評価される仕事なので、本人次第でいくらでも活躍することができます。ネイルが大好きでやってみたいという強い気持ちが何よりも大事

 

 

 

>>ネイルアーティスト 資格の費用 TOP